虫歯の予防はまず食生活から!バランスのとれた食事と、ゆっくりよく噛む習慣を!

HOME > 診療内容 > 予防歯科 > マイナス1歳からの虫歯予防

マイナス1歳からの虫歯予防

生まれる前(マイナス1歳)から始められる 虫歯予防があるのをご存じですか?

子供たちが健康な歯をキープして、明るく楽しい生活を送れるよう、妊娠期のうちからお母様が実践できる虫歯予防、それが「マイナス1歳から始めるむし歯予防」です。子供には絶対に虫歯で辛い思いをさせたくないお母様。虫歯ができるメカニズムについて理解を深め、できるだけ早い段階から虫歯予防に取り組んでみませんか?

子供と虫歯

なぜ虫歯は出来るのでしょうか。甘い物を食べるから?歯磨きをしないから?もともと歯が弱いから?

確かにどれも虫歯ができる原因のひとつですが、その原因の元は様々な菌によるものである事がわかっています。その中でも代表的なものがミュータンス菌です。

ミュータンス菌は口内で食べカスなどを栄養源にそれを分解します。その分解の過程において強い酸を生成し、その酸により歯が虫歯になるわけです。

しかし、このミュータンス菌、実は生まれたての赤ちゃんのお口の中には存在しません。母親の唾液を介すなど、ミュータンス菌は後天的に子供たちに感染し、虫歯の原因となっているのです。

虫歯予防のためにできること

母親のミュータンス菌の数が多い場合ほど、子供のミュータンス菌の数も多くなり、虫歯になるリスクが高くなると言われています。子供の虫歯を減らすには、まず母親を含め、周りの大人たちが自分のミュータンス菌を減らす努力をする事がとても大切です。

大人が噛んだものを口移しであげたり、母親が食べ物を噛み砕いて食べさせるのは厳禁。しかし、あまり神経質になり過ぎて、キスや頬ずりなどのスキンシップを控える必要はありません。母親をはじめ、身近な人がしっかり口内のケアをしたうえでスキンシップしましょう。

口内ケアの強い味方!キシリトール

では、どうやって母親のミュータンス菌を減らして 感染を予防していけばよいのでしょうか。

そこで、口内ケアを助けてくれるのが「キシリトール」です。虫歯にならないだけの甘味料であれば、他にも様々なものが市販されていますが、虫歯予防を考えるとキシリトールが最も効果的です。その働きは3つあり、これらすべての効果を備えているのは実はキシリトールだけなのです。

【キシリトールの効果】
POINT.1 虫歯菌(ミュータンス菌)の数を減らす。

糖類を餌にしているミュータンス菌はキシリトールを取り込んでも、エネルギーにすることができないため、死んでしまいます。日常的にキシリトールを摂取すれば、ミュータンス菌の数は減っていくのです。

POINT.2 虫歯菌の酸をつくる働きを抑制する。

キシリトールを餌にできないミュータンス菌は、酸を作ることもありません。酸性度が下がれば、歯が溶けるのを防ぐ事ができ、また酸性化したお口の中を中性にする中和性も効果的に働く環境になります。

POINT.3 唾液の量を増やして自浄作用もアップ。

ガムを噛む効果で、唾液のでる量が多くなります。唾液には、酸をなくそうとする治癒力と、虫歯菌を洗い流す効果(自浄作用)もあります。

キシリトールの摂取について

ロッテの「キシリトールガム」には、市販されているものと、歯科医院専売のものがあるのをご存じでしょうか。

市販されているガムの特定保健用食品表示を見てみると、「1回に2粒を5分噛み、1日7回を目安にお召し上がりください。」と書かれていますが、長期間続けて行くにはこれはやや大変な量です。市販されているガムのキシリトール含有率は低く、たくさん摂取しなければ虫歯予防の効果が出ないのです。
これに対して、歯科医院専売品のキシリトールの含有率は100%。1日4粒噛むと虫歯予防に必要なキシリトールを摂取することができます。

当院では、歯科医院専売品を取りそろえておりますので、摂取方法などと合わせてお気軽にご相談ください。

この「マイナス1歳からはじめる虫歯予防」は、お母様だけでなく、お父様、おばあ様、おじい様、お兄様、お姉様、家族みんなで取り組むことで最大の成果が得られます。「マイナス1歳からはじめる虫歯予防」は、これから生まれてくる赤ちゃんへのかけがえのない贈りものなのです。
なぜ虫歯になるのですか?
虫歯は、歯の表面についた歯垢(プラーク)にミュータンス菌が住み着き、おもに糖分を栄養にして酸を出します。この酸が表面の堅いエナメル質を溶かし、その部分に穴をあけます。これが虫歯のはじまりです。
ミュータンス菌は感染するのですか?
はい。生まれたての赤ちゃんの口の中はもともとは無菌状態です。母親の唾液などを介してミュータンス菌が子供に感染するのが、虫歯の原因となっています。しかし、あまり神経質になって感染を断つ必要はありません。できるだけ感染源となるミュータンス菌の働きを抑制するなど、口内ケアを心がける事が大切です。
子供への虫歯菌の感染予防のために何をすればよいですか?
キシリトールを利用する事で歯面のミュータンス菌を減少させたり、その働きを抑制する効果があります。特に乳歯と永久歯がどちらもお口の中にある時期には日常的に使用する事で、効果的に虫歯菌を減らす事ができます。
キシリトールとは何ですか?
虫歯予防に効果のある天然素材の甘味料です。白樺や樫などの樹木から撮れる成分を原料にしてフィンランドで生産されています。また、イチゴ、ほうれん草、レタス、カリフラワーなどの多くの果実や野菜にも含まれています。
キシリトールにはどういう効果がありますか?
キシリトールの甘さによって、唾液をださせる効果があります。唾液が増える事で、緩衝能が高まり、歯の石灰化を促進します。また、歯垢のミュータンス菌を減少させ、虫歯をつくる酸産生を抑制する効果もあります。
キシリトールはどのようにとればいいのでしょうか?
市販されているキシリトール含有率の低いガムに対して、歯科医院では、より含有率の高いガムやタブレットが販売されています。摂取方法などご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。
キシリトールは安全ですか?
はい、キシリトールは天然素材の甘味料なので安全です。国際食料農業機関/世界保健機関合同の規格委員会より、「1日の巨量摂取量を限定しない」という最も安全性の高いカテゴリーとして評価されています。

【参考文献】
「マイナス1歳」からはじめるむし歯予防

当院からのおねがい

予約の変更や遅れる場合は早めにご連絡ください。
充分に説明や治療のお時間が取れないため、予約の変更をしていただいたり、事前のご予約をお取り出来ない場合がございます。また、予約どおりに来られた他の患者様にもご迷惑をおかけします。
出来るだけ待ち時間のないように努力しておりますのでご協力お願いします。

このページの先頭へ